読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ仕様ブログ

ドッグフーディングの一環としてアフィリエイト広告を掲載してライフハック記事を書くブログです

アラフィフ身体改造日記始めます

承前

実験的に g.o.a.t で書き始めたんだけどログが追いづらいので、特定のテーマで継続的に書くのに向いてないなって思いました。トレンドワードにバズりそうなタイトルつけて言及してソーシャルにシェアしてアクセス稼ぐ使い方には最高に便利かと思いましたので、そういうプロブロガーを目指す方には g.o.a.t をおすすめしたいですね。それっぽいフリー画像取ってこれて便利だし。

ここから

昨年45歳になった。アラフィフというやつです。
なんか、いきなり体質が変わったみたいで、これまで「もう年だな」なんて感じた事は正直なかったんだけど、2016年に入ったあたりからいろいろ変調があった。具体的には体重が減らなくなった。

さかのぼるが、私は2009年から10年にかけてだいたい8kgぐらい痩せるダイエットに成功している。普通に暴飲暴食をやめ、どこにでも自転車でいくようにしたらそれくらい痩せた。身長が153cmで2008年ごろは68kgぐらいあったと思うんだけど、そこから8kg痩せて60kgぐらいになった。

数字的にはBMI26程度のいわゆる軽肥満。それでも、子どものころからのデブライフが長く、身体を支えるための筋肉や骨も発達してたし、東京では毎日10km以上は自転車に乗る生活だったからか、意外に体脂肪率は高くなかった。あと、Gカップ相当の胸の重さは片方1kgだという。胸を差し引いたら58kgだからBMI24台。かろうじて標準体型として差し支えない。お洋服なら2サイズ展開されていれば大きい方はだいたいOKだし。

2011年に京都に引っ越してからは、関西在住のインターネット友達とよく遊ぶようになった。関東と比べて関西の友達は総じて若くて元気がよく可愛い女の子も多い。そして、わりとアウトドアで遊ぶ機会も増えた。夏は川で遊ぶし、ハロウィンには仮装パーティをする。そうなってくると、水着やコスプレ衣装の写真が残るから、がんばって春から夏にかけて、食事制限したりして身体を絞る。ヨガとかウォーキングレッスンみたいな教室に通ったこともある。でも、年末年始になると気持ちが緩んで食べ過ぎて、また春になると痩せよう!ってことになる。それで、58kg~62kgぐらいを行ったり来たりしていた。それは、リバウンドというより季節変動としてとらえていた。(実際には立派なリバウンドだったんだけど)

ところが2015年のハロウィン、衣装を考えて身体を絞る気力がなぜかなくなった。というかパーティにも行きたくなくなった。そこからなんとなく何もかもやる気がなくなり、だらだらと暮らしていたら、年始には62kgを軽く突破してしまい、そこから焦って痩せようとしても、食べ物を減らしてもこれまでみたいに体重が減らない。というかそもそも食べ物を減らすという自制自体が効かない。魔法にかけられたように甘いお菓子に手が伸びてる状態。そうこうするうちに、体調はどんどん悪化していて、いつも肩や首が痛くて動きづらいし、何をやっても楽しくないし、なんか生きる気力がなくなっていった。

そしてその年の健康診断で、いくつか癌の疑いがある腫瘍が見つかり、検査したところ良性ではあったものの、このままでは身体がダメになってしまうと思った。気力が弱ると身体もおかしくなるし、身体がおかしいと気力もなくなる。とにかく身体をどうにかしなくては。

そんな時、フェイスブックを見てたら、ちょっと面識がある若くて可愛い女子が、社会人になってから劇的に太ってしまい、お父様に「お金は出すから痩せてくれ」と言われてパーソナルジムに通ってボディメイクした、というブログを書いていた。かなりキレイな身体になっていて、いいね!の嵐です。ブログのコメント欄にも「かわいいね!」とか下心いっぱいのコメントが並んでる。

たぶん、それでちょっと火が付いたと思う。「頭の中でカチリと音がして」という表現がエリザベス・テーラーのダイエット本にあったけど、私の頭でも、まさにそこでクリック音が鳴った。無意識に「パーソナルジム 京都」で検索していた。(続く)