読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ仕様ブログ

ドッグフーディングの一環としてアフィリエイト広告を掲載してライフハック記事を書くブログです

#1 スポーツジムに行くことにした

ボディメイク

テレビを見ないからCMがとか言われてもよくわからないんだけど、「ライザップ」というパーソナルジムが人気なのは知っていた。でも、似たようなコンセプトのジムが結構できてるのは知らなかった。どれも、食事制限と週二回のトレーニングで2~3ヶ月で劇的に痩せるらしいけれども、だいたい何十万もする。

まあ、費用については、それまでの健康診断の二次検査で胃カメラだのマンモトーム生検だので万単位のお金が消えていったし、もしも病気になったらもっと費用がかかるわけだし、もちろん健康はお金で買えないんだから、娘を思う父がお金を出すというならば、自分自身の保護者として私もそれくらいのお金を出そうと思っていた。

しかし、パーソナルジムのシステムを見れば見るほど無理という気持ちになった。だいたい自分の性格的に、週に2回アポイント取ってしんどい思いをするために時間通りにその場所にむかえる感じがしない。過去にも、いろんな教室とかスタジオを「予約がだるい+予約の時間に間に合うように出かけるのがだるい+結局気乗りせずにキャンセルする連絡がだるい」という理由でリタイヤしていることを考えると、そこが一番ハードル高いような気がした。

あと、パーソナルトレーナーの写真を見ると、たいてい爽やか筋肉マンか、こってり筋肉マンで、気圧される。そんな筋肉マンにご飯の写真を送り続けて承認もらうとか嫌すぎる。というか、彼氏でもない人とLINEのやり取りを継続的にやるのがすでにダメだ。結果にコミットできる自信がこっち側にない。

そういう自分の性格を冷静に考えた結果「同じ理屈のことを自力でやればいいのでは」という結論に至った。「勝手にコミットしろ。」という本がわりとそういうコンセプトで参考になった。

内容薄いけどその分しゅっと読めて安いし便利。Kindle読み放題なら無料で読める。

しかし、筋肉をちゃんとつけるためには、それなりの強度のあるトレーニングが必要。家で筋トレをするかというと、それはそれで過去に「スロトレ」とか「ダンベル体操」とか話題になったのを一通りやってる。でも、いまいち気持ちがのらなかった。ずぼらというより、腕立てとか腹筋みたいな自重系のトレーニングをするとめまいや吐き気がする傾向があり、体質的にダメな感じだった。季節の変わり目とか気圧の変動で回転めまいが起こる持病(耳鼻科では確定的に診断されなかったけど症状としてはメニエル氏病に近い)があって、それが影響してると思う。

近所に「ファイテン」のサロンがあって、以前にスロトレのクラスに参加していたことがある。(これも予約時間通りにいくのが煩わしくてやめた)基本的に中高年を想定したメニューで、周りのおばあちゃんはスイスイこなしてるのに、自分はいつも途中で気分が悪くなってたので、これは、やはり誰かに自分に向いたトレーニングをレクチャーしてもらう必要があると思った。

私はジョギングをすると喘息が出る(これも持病)。でも自転車なら結構走れる。そんな感じで、腹筋や腕立てじゃなくてマシントレーニングなら頭を動かさないから大丈夫かもしれない。近所のジムは、だいたいわりと長時間営業してるし、好きな時間に行って好きなことをやればいいシステムだから、もしかしたらそんなに嫌じゃないかもしれない。学生時代のオーケストラも練習はしなかったけど部室には顔を出していたし、特定の場所に暇な時にいくならさほど苦にならない。

なんとなく乗り気になってきたので、複数ある近所のジムを調べてみた。(続く)