読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ仕様ブログ

ドッグフーディングの一環としてアフィリエイト広告を掲載してライフハック記事を書くブログです

#15 「~するだけ」ダイエットを信用してはいけない

これは「~するだけ」と言われてるダイエット法を否定する記事ではありません。

実際、自分の体型の悪い部分や、健康を損ねている部分がただ1箇所で、それに合ったメソッドであれば劇的に効果が出ることもあります。たとえば「痩せてるのに姿勢が悪いためにお腹が出てる」って人は「姿勢を正しくするだけでお腹ぺたんこ」が成立するし、代謝が悪いために脚がむくんでいるだけであれば、冷え取りで足痩せが実現できるかもしれない。スポーツマンの減量は食事を絞ればいいだろうし。

でも、少なくとも私はそうじゃなかった。

長年の食習慣のせいで体脂肪がたっぷりついていて、運動不足のために体幹を支える筋肉は発達しておらず、そのために姿勢が崩れており、代謝も悪い。そういう体は、何か1つのメソッドだけではどうにもならないです。腹をくくって全方向ダイエットモードにしないと、努力の無駄かも。

あと「~するだけ」メソッドの多くは、その1つのメソッドを始めることで無意識に他の良い習慣も身につく、だから痩せるというロジックなんだけど、でも、それって本当は「~するだけ」じゃないんです。でも、自分がそうなんだけど、デブ脳って「~するだけ」が好きすぎるから、そういう謳い文句のダイエットが氾濫するわけ。

でも、デブ脳の特性として、そういうメソッドに飛びついた時に、それ以外の何かを行うことを無意識に拒否する部分があると思うんですよね。

例えば「朝晩体重を測るだけ」というメソッドは、測ってるうちに「体重増やさないようにしよう」って意識しやすくなるので、結果的に食べる量が減ったり運動したりするようになる、という理屈だけど、デブ脳の持ち主は「測るだけと言われてるのに、測る以外のことをしたら損した気持ちになる」と考えます。そういう心理ないでしょうか。(私はあるよ!)

糖質制限ダイエットで、肉とか脂を食べないとむしろ損した気持ちになるのがデブ脳ですし、運動だけで痩せようと思うと運動してるからと大量に食べてしまうのがデブ脳。過剰な食欲を抑えるメソッドを試しても、デブ脳の食欲の本質は「食べないと損」なので食べてしまいますし、「たった5分で」って書いてあるメソッドは5分以上やりたくないのがデブ脳です。

「~するだけ」の一つ一つは決して悪いものではないと思いますが、自分の体がどういう状態なのかを冷静に考えて、その問題解決になるような手法を組み合わせる、そして測定しながら狙った効果が出ているかを検証する必要があるのです。ダイエットはまず脳とか考え方の改善からなのかも。